Q&A

一般内科(風邪・インフルエンザ等)について

風邪

インフルエンザ


風邪の基本的な治療はどうすれば良いのですか?
風邪の治療の原則は、安静、保温、十分な睡眠です。感冒薬はあくまでも対症療法です。食欲があれば食事は通常通りで構いませんが、食欲がなければ無理に食べないほうが良いでしょう。熱が高い場合は、脱水予防の為に水分補給をこまめに行いましょう。経口補水液(OS-1)をお勧めします。からだは、消化管を休ませることで免疫力を上げようとしているのです。眠い時、だるい時に休まないと悪化する可能性があります。風邪のひき始め、すなわちだるい、眠い、寒気がする程度の時には、安静、保温、十分な睡眠、そして葛根湯やビタミンCなどの服用によって早く治すことができます。ただし、いつもの風邪と症状が違う、もしくは症状が長引いている場合は風邪以外の可能性もありますのでかならず受診してください。 ページの先頭へ戻る
風邪をひいたのですが、風邪薬をのまなければいけないのでしょうか?
風邪薬による治療は、症状を軽くする治療、つまり対症療法です。あくまでも補助的なものです。副作用の危険もありますので、のまなくても構いません。服用するにしても数日間にとどめ、安易な使用やだらだら飲み続けるのは危険です。 ページの先頭へ戻る
風邪に抗生物質は必要ですか?
風邪の90%はウイルスによるものです。その種類は200種類以上といわれ、冬の風邪はRSウイルス、コロナウイルス、レオウイルスなど、夏風邪はアデノウイルス、ポリオウイルス、コクサッキーA型・B型、エコーウイルスなどが原因です。風邪のほとんどがウイルス感染ですので、抗生物質は無効です。抗生剤が必要なのは、
  1. 細菌感染の合併を疑った時(黄色い鼻汁や黄色の痰が多い場合など)
  2. 細菌感染を合併しやすい高齢者や基礎疾患を有する場合
  3. 医師が必要だと判断した場合
などです。安易な抗生剤の使用は、耐性菌(抗生物質が効かない菌)の増加につながります。 ページの先頭へ戻る
熱が出ているのですが、解熱剤の使い方を教えてください。
風邪の時に熱が出るのは、体の防衛反応で、ウイルスを排除するために熱を上げているのです。38.5℃以上に熱が上がった時に免疫のスイッチが入るといわれています。よって、熱が高いからといってかならずしも解熱剤を使う必要はありません。一般に、40度以上の発熱でなければ、発熱自体が体に悪影響を及ぼすことはありません。37℃台の時に安易に解熱剤を使用することは、風邪を長引かせる可能性があります。解熱剤を使うのは、
  1. 痛みのために、食事や水分が充分摂取できない場合
  2. 発熱のために体力の消耗が著しいと考えられる場合
  3. 医師が必要だと判断した場合
などです。5日以上熱が続いている場合は、風邪ではないかもしれません。かならず受診してください。 ページの先頭へ戻る
インフルエンザと風邪はどう違うのですか?
一般にインフルエンザは突然38度以上の発熱、頭痛、関節痛、筋肉痛など全身の症状で発症しますが、普通のかぜと同様にのどの痛み、鼻汁などの症状も見られことが多いようです。風邪より重症感が強く、気管支炎、肺炎などを併発することがあります。とくに、高齢者や、呼吸器や心臓などに慢性の病気を持つ人は重症化し、死亡することもありますので、早めに医療機関を受診することが大切です。 ページの先頭へ戻る
インフルエンザを疑った時にはどうしたら良いでしょうか?
発熱後24時間以後48時間以内に医療機関を受診してください。発症2日以内ですとよく効く抗ウイルス薬を処方することが出来ます。3日以上たった場合は、通常の対症療法しか望めません。最近は、迅速判定キットもあり、発熱6〜7時間でインフルエンザ検査が可能ですので、早めにご来院下さい。 ページの先頭へ戻る
インフルエンザ発症後の注意について教えてください。
脱水予防で水分補給はしっかりとしましょう。ただし、冷たいものをたくさん取らないようにしましょう。家で安静、保温、十分な睡眠をとるようにしてください。食事は食欲がなければ少しで構いません(そのほうが免疫力が高くなります)。熱が下がれば食欲が出てきます。仕事や学校は、熱が下がった日の翌日と翌々日は休んでください。 ページの先頭へ戻る
解熱剤は使ってもよいのですか?
熱はウイルスを排除するための防御反応です。無理に下げることは好ましくありません。しかし、頭痛や関節痛などがつらい時は、多少の使用は構いません。ただし、アスピリンなどのサリチル酸解熱鎮痛薬、ジクロフェナクナトリウム(商品名:ボルタレン)、メフェナム酸(商品名:ポンタール)は避けなければなりません。脳症などの致死的合併症をおこす可能性があるからです。最初の1〜2日は薬を使っても熱は下がらないかもしれませんが、体力の低下が著しい場合などを除き、無理に下げる必要はありません。概ね3〜4日くらいで解熱します。5日以上解熱しない時は、合併症などの可能性がありますのでかならず受診してください。 ページの先頭へ戻る
ワクチンによる予防について教えてください。
ワクチンはインフルエンザの予防に有効です。ただし有効率は100%ではありません。一般に有効率70%と言われていますが、これは100人に接種すると70人が罹らないという意味ではなく、「非接種で発病した人の70%は、ワクチンを接種していれば発病が避けられた」という意味です。当院でもワクチン接種可能です。接種時期は、12月上旬までにしたほうが良いと思われます。高齢者や基礎疾患を有する方は必要ですが、仕事を休めない方なども接種しておいたほうが良いでしょう。

ページの先頭へ戻る
インフルエンザのワクチン以外の予防法について教えてください。
インフルエンザは、せき、くしゃみ、つばなどの飛沫に入っているウイルスを吸入することで感染しますので、インフルエンザにかかっている人だけでなく、その周囲で生活する人もマスクや手洗いが予防上必要となります。頻回のうがいも有効です。紅茶や緑茶などでうがいするのが良いでしょう。これらの中に入っているカテキンには強い殺菌作用があるからです。過労やストレスは免疫力を低下させますので、これらのことを避け、睡眠を十分にとることが大切です。 ページの先頭へ戻る