胃内視鏡検査

食道から十二指腸までの病気を診断することができます。

特徴


●当院の医師は、日本消化器内視鏡学会認定専門医・指導医でこれまで2万例以上の症例を経験しています。
●鎮静剤・鎮痛剤を使用するための95%以上の方が検査中に苦痛をほとんど感じません。

鎮痛剤や鎮静剤の投与だけでなく、咽頭麻酔や嘔吐反射が出にくいマウスピースの使用など

最新の内視鏡システムを導入しています。

麻酔の方法を選択できるオーダーメイドの検査を受けることができます。


予約の仕方


一度来院していただき、診察後予約をお取りします。

内視鏡検査の予約をご希望の方は土曜日の午後(事前予約制)に来院してください。

診察では全身状態のチェックのための問診、採血などをおこないます。最近受けられた健康診断や血液検査の結果などがございましたら一緒にお持ちください。(採血をおこなうのは、肝炎などの感染症のチェックと麻酔で使う薬剤量を決定するためです。)

※検査データによっては、検査を延期または中止することがありますのでご了承ください。

※土曜午後の来院が難しい場合は月曜日から金曜日の外来を受診してください。

麻酔について


麻酔方法は以下の3つの方法から選択していただきます。

  1. のどの局所麻酔と鎮静剤を使用する方法(鎮痛剤は使用しません)
    初回の方、内視鏡検査に恐怖を感じている方などにお薦めです。
    検査終了後1時間ほどベット上でお休みいただきます。
  2. 鎮痛剤、鎮静剤を注射して検査する方法(のどの局所麻酔はおこないません)
    以前、検査が苦しく上手くできなかった方などにお薦めです。
    検査終了後1時間ほどベット上でお休みいただきます。
  3. のどの局所麻酔のみの方法(鎮静剤、鎮痛剤は使用しません)
    以前、のどの麻酔のみ(他院での一般的な方法)でそれほどつらくなかった方、終了後すぐに帰宅したい方にお薦めです。世間一般的に行われている方法ですが、のどの反射の強い方には不向きです。

のどの局所麻酔と鎮静剤を使用する方法、鎮痛剤や鎮静剤を注射して検査する方法ともに全身麻酔ではありませんので、人によっては寝ないで目を開けている方もいます。薬を使っても喉の反射がまったくなくなるわけではありません。多少、嘔吐反射がでることがありますが、苦痛は少ないはずです。稀に反射がきわめて強い方がいますが、その場合は鎮痛剤と鎮静剤を使用する方法に喉の局所麻酔を追加することもあります。

内視鏡検査


内視鏡検査は心拍数や酸素濃度をモニターしながらおこない、10分ほどで終ります。

場合によっては、組織を採取することがあります。

その場合は、その日1日運動と飲酒を避けていただきます。

結果説明


終了後、1時間ほどお休みいただき、目が覚めてから撮影したフィルムを見ながら結果について説明します。

組織を採取した場合、ポリープを切除した場合は1週間から2週間後に再度結果説明をおこないます。

注意点


  • 外来受診時に服用中のお薬を必ずお見せ下さい。

血液をサラサラにするバファリン、アスピリン、ワーファリン、パナルジンなどの薬を服用中の方は、組織採取やポリープ切除が困難になります。

  • 検査当日は運転および重要な判断を要する仕事は避けていただきます。 
  • 薬剤の服用等の疑問点は遠慮せずにおしゃってください。

 

緊急胃内視鏡検査について


コールタール状の真っ黒な便が出ている場合や痛みが続くなど緊急を要する場合は、受診日に検査をおこなうこともあります。その際は必ず朝食を食べずにいらしてください。大量に吐血している場合、ふらつきやめまいといった貧血症状が出ている場合は、入院が必要となりますので、当院での対応は不可能となります。入院施設の整った大きな病院を受診してください。

内視鏡スコープの洗浄について


使用したスコープは、1例ごとに最新式の洗浄器で洗浄しています。