当院の特徴

胃・大腸疾患に対する専門医療

内視鏡学会認定専門医・指導医がおこなう苦痛の少ない内視鏡検査

 胃腸病診断に不可欠な内視鏡検査。「内視鏡検査は苦しい」と思われている方も多いと思います。苦痛を軽減するには、術者の経験が大切ですが、痛み止めや鎮静剤といった前投薬の使用も重要になります。当院では、経験豊富な医師が、胃・大腸ともに、鎮静剤と鎮痛剤を使用した苦痛の少ない検査を行っています。 年間検査数は、胃・大腸併せて3000例以上です。

正常な胃と大腸

最新の内視鏡システム

  1. 上部内視鏡
    従来のオリンパス製電子内視鏡に加え、フジノン製のレザリオを2本追加導入しました。
  2. 下部内視鏡
    従来のオリンパス製電子内視鏡に加え、挿入性の優れた最新型のオリンパス製イービス・ルセラ・エリートを追加導入しました。
  3. 内視鏡洗浄
    内視鏡学会が推奨する高水準消毒が可能なフジフィルム製の洗浄機を新規導入しました。

大腸ポリープ切除術(日帰り手術)

クリニックレベルで大腸のポリープ切除までおこなっている施設は多くありません。それではポリープを発見しても転院して切除をする必要があります。
当院では発見したポリープは、1.5cm前後を上限に、基本的にはその場で切除しています。
年間300例前後の日帰り手術をおこなっています。

ポリープ切除

炎症性腸疾患(潰瘍性大腸炎とクローン病)

 院長・副院長ともに大学病院で炎症性腸疾患の専門外来をおこなってきました。潰瘍性大腸炎に対する白血球除去療法や除菌療法、クローン病に対する生物学的製剤の使用もおこなっています。

機能性ディスペプシア、過敏性腸症候群

 近年増加の一途をたどる消化管の機能性疾患である機能性ディスペプシアや過敏性腸症候群。 腹痛、排便異常、ガスが多い、胃もたれ、膨満感などが続き、西洋医学的手法では十分に改善しない方は一度ご相談ください。当院では東洋医学的手法や食養生法などを取り入れた全人的治療を心がけ、実績を上げています。

その他の胃腸疾患

 逆流性食道炎、胃・十二指腸潰瘍、ピロリ菌の除菌療法、感染性胃腸炎などの治療も専門にしています。